ラ・メゾン・クレール1853@那覇市久米2-15-17

訪問:2021/3/10 18:00 (支払総額:8400円)
採点:総合3.0、味2.5、サービス4.0、雰囲気3.5、CP2.5
3週間半の沖縄避寒旅行も実質最終日。ここまで食堂中心に食べてきたので、食費総額が34000円と1日平均1500円弱で過ごしてきたが、最後の晩餐は豪華に行こうと、12年前に食べログで4.0点を付けていたこの店を選んだ。

IMG_0999.JPG
夜のコースは最低8400円と良いお値段になっていたのでアラカルトで頼もうと思っていたら、アラカルトメニューは無いとのこと。ただし、アレンジはしてくれるとのことで、フォアグラと羊か鴨で8400円のおまかせコースでお願いした。
すべて口頭説明だけなので、全皿の写真と簡単なコメントだけ。

IMG_1002.JPG
アミューズは、アグー豚のリエットと、下からトマト、コンソメ、魚介3層構成のジュレ系。

IMG_1005.JPG
パンのバターはリクエストベース

IMG_1008.JPG
期待のフォアグラのテリーヌは、超薄切りスライスでがっかり。
フォアグラが食べたいと電話予約時にシェフに伝えていたので、このあとのメインでもフォアグラを付けてくれると思っていたのだが・・
左は、日本鹿の燻製仕立て

IMG_1011.JPG
スープはきのこの強すぎる風味だけっていう感じ。

IMG_1016.JPG
羊も量だけで、ソースはイタリアンベースのペスト(バジルソース)。
これも電話でクラッシックフレンチ大好きだと伝えていたんだけどなぁ。

IMG_1017.JPG
デザートはフランスではビストロで出てくるような低水準。
クレープにクリームを包んで、果物も含めて軽く炙っているだけ。
グラスは柑橘系のグラニテ。

このあと、食後のドリンクが付いておしまい。

料理の水準は価格に対して平均未満と感じたが(総じて手抜き姿勢が出ている)、ホールスタッフのサービスは非常に良かった。長年東京で経験したそうで、オーナーシェフに断りなく臨機応変に対応していただけた。(東京以外の小さな店でこれができるホールスタッフって、夫婦経営でなければ滅多に無い)


翌日の便で自宅に戻ったが、毎日1万歩のノルマも無事達成したので(平均13532歩/日だった)、初期緊急事態宣言中のステイホームでなまっていた体も元に戻っただろう。でも体重がほとんど減っていなかったのは、沖縄ちゃんぽんのご飯の量が多すぎたから?

次は、中1日開けてレンタカーで回る鹿児島県&青島旅行に出かける予定だ。

2008/11/22,23@食べログ

※店舗詳細:ラ・メゾン・クレール1853
TEL.098-963-6565
入口GPS: 26.215740, 127.676529