Chez tomo.@越谷市北越谷2-33-9

訪問:2016/6/3 11:30 (支払総額:5400円/2人)
採点:総合3.5、味3.5、サービス3.5、雰囲気4.0、CP3.5
創作フレンチというが、メインが完全に和食の範疇になってしまったので、私の埼玉フレンチ&イタリアンガイド掲載対象外とした。
この価格帯でパンの追加が有料、カトラリーの使い回しという点でもフレンチを否定している。
画像
▲アミューズ
画像
▲季節のオードブル
画像

画像
▲メイン(肉か魚の選択)
画像
▲デザートの盛り合わせ
※写真以外に、パン・オリーブオイル・スープ・珈琲
※店舗詳細(via 食べログ):楽の蔵 レストランChez tomo.

PAS A PAS@新宿区舟町51

訪問:2016/5/25 18:30 (支払総額:2700円)
採点:総合2.0、味2.0、サービス1.5、雰囲気1.0、CP2.5
ランチで4~5回利用しているが、まったく同じ内容で値段は5割増。
他の店と比較できる料理を選んだが、予想外の水準の低さでガッカリ。
画像
▲アボカドディップサーモン
画像
▲仔羊肉のロースト
画像
▲ブランマンジェマンゴーソース
※写真以外に、パン・バター
※店舗詳細(via 食べログ):パザパ


トナリ@大宮店

訪問:2016/5/23 12:10 (支払総額:850円)
採点:総合1.5、味1.2、サービス1.5、雰囲気2.5、CP1.0
先日のアンダーグラウンドラーメン頑者と比較しようと、食べログ3.53点だったので行ってみたが、玉砕。
食べログ3.5点以上は信頼できるとの説明だが、ぜんぜん信用できない。
つけ麺の汁がラーメン汁と同じだし(つけ汁にならない薄さ)、表面に水分をまとった太麺に絡むわけ無いし、比較の土俵に乗れないレベル。
入っているはずの肉・ゲソ・かまぼこは見あたらず。コーンは1粒だけかな。野菜350gという表記も怪しい。
リンガーハットの野菜たっぷりチャンポンの方が、安いし旨いし野菜も多いし肉も魚介もかまぼこもしっかり入っている。
画像

※店舗詳細(via 食べログ):トナリ 大宮店

resonance@千代田区丸の内 東京ビルTOKIA

訪問:2016/5/20 11:40 (支払総額:7992円/2人)
採点:総合2.5、味2.8、サービス3.0、雰囲気3.0、CP2.5
場所代として割り切るしかない。
メルアド登録しないとカード決済のレシートを出さないという仕組みは、怪しさ満点!(海外も含めて初めて。不正決済に対抗できないし、こういった店にメルアド教えれば個人情報を悪用される可能性大!)
画像
▲くみあげ湯葉、豆腐のムースと和辛子エスプーマ
湯葉はどこにあるやら・・三流シェフ典型の組み合わせ
画像

画像

画像
▲天然ヒラメのポワレ サフランリゾット添え
濃すぎる黄色は、サフラン以外の着色材料使ってる証拠
画像
▲和牛ホホ肉のブレゼ
画像


※写真以外に、パン・バター・珈琲・サングリア(+432円)
※店舗詳細(via 食べログ):レゾナンス

ビストロ・アンジュール@さいたま市大宮区吉敷町4-248-11

訪問:2016/5/18 18:45 (支払総額:4600円)
採点:総合3.5、味3.5、サービス3.5、雰囲気3.0、CP3.5
ディナーのアラカルトが、ついに2品だけになってしまった。
まあ、埼玉でアラカルトの需要が無いからだが、ここまで頑張ってきたのにちょっと残念。
ビストロメニューの変化と充実に期待したい。
採点がいつもより低いのは、アラカルトの料理がマイナス評価だったため。
画像
▲和牛とコンテのカルパッチョ(前菜)
画像
▲手長エビとホワイトアスパラのポワレ・オレンジ風味(アラカルト2000円)
画像
▲鴨ロース肉のロティー(メイン)
※写真以外に、パン・バター(オプション)

2016/1/14 ディナーレビュー
2013/12/17 ランチレビュー
※店舗詳細(via 食べログ):ビストロ・アンジュール

ビストロ・アンジュール@さいたま市大宮区吉敷町4-248-11

訪問:2016/5/14 12:20 (支払総額:1850円)
採点:総合4.0、味4.5、サービス3.5、雰囲気3.0、CP5.5
ディナー中心で利用しているので、恐らく開店当時以来のBランチ。
Bランチも充実した内容に変わっていたのが、連日満席の理由だったようだ。
それに、ミルクティーのミルクを温めたミルクで出すようになったみたい。
改善してるなぁ。

画像
▲質素なサラダが大変貌していた(前菜が2品乗っている)
画像
▲スープも凝ってるぞ(煮凝りコンソメトッピング)
画像
▲青ソイのポワレ 赤ワインのリゾット添え(余計なトッピングを除けてある)
画像
▲イチゴのブランマンジェ(ソースが苺で、ソルベはフランボワーズ)

※写真以外に、パン・オリーブオイル・紅茶
2016/1/14 ディナーレビュー
2013/12/17 ランチレビュー
※店舗詳細(via 食べログ):ビストロ・アンジュール

LA VITA@新宿区四谷3-4-9

訪問:2016/5/11 12:30 (支払総額:1800円)
採点:総合3.2、味3.5、サービス3.0、雰囲気3.2、CP3.2
パン・サラダ・パスタ・メインで1800円のセットは初めて。
画像

画像
▲そら豆と生ハムのタリアテッレ
画像
▲シャモのラッツィオ風オリーブオイル煮込み
※写真以外に、パン
※店舗詳細(via 食べログ):ラ・ヴィータ


アンダーグラウンドラーメン頑者@コクーンシティ店

訪問:2016/4/24 20:00 (支払総額:1150円-10%)
採点:総合3.0、味3.5、サービス1.5、雰囲気3.0、CP3.5
恒例のコクーンカード10%引で訪問。
ラヲタ専門店なのか、初心者には極めて不親切な店だ。券売機なのに特製の内容説明もないし、店員の説明もデタラメ。
特製はチャーシューと卵が入るとのことだったので「普通+チャーシュー」にしたんだけど、普通にもチャーシュー2枚も付いているではないか!
画像

画像


レイクベイク@富士河口湖町大石2585-85

訪問:2016/4/23 12:40 (支払総額:1380円)
採点:総合3.0、味3.2、サービス3.0、雰囲気3.0、CP2.5
富士山を見たいというドイツ人と家内の3人で訪問。1人ずつ会計したので、支払総額は私の分だけ。
店内飲食は最低500円のドリンク注文が必要だが、パンを温め直してくれる。
でも、富士山を拝めるテラス席か店内カウンター席が確保できない場合は、高いドリンク代を避けるためにも持ち帰りで十分。スープはダメ。
画像

画像

※店舗詳細(via 食べログ):レイクベイク

レッドロブスター@川口店

訪問:2016/4/21 19:50 (支払総額:3770円/2人)
採点:総合1.3、味1.3、サービス1.5、雰囲気2.0、CP0.9
ディナーを予約していたふなつ亭に振られてしまい、腹ぺこの帰り道に訪問。
しかし、アメリカ料理専門店のくせに、料理名虚偽表示で最悪!
ここ10年で利用したことのあるチェーン店で、文句なくワースト1だ。

画像
▲クラブケーキコロッケ(880円)
まったくもってデタラメ。単なるクリームコロッケで、スーパーの総菜コーナーにあるものと同レベルだ。

画像
クラブケーキは大好物なので、本場ボストンをはじめ、アメリカ各地(☞ Friendly Fisherman Restaurant)やカナダで何度も食べているし、昨年末もベトナムで食べたが(☞ Cookbook Cafe Restaurant)、まったく別の料理でありクリームコロッケではない!!!

画像
▲ロブスタービスクのパイ包み(中身が見えるように)
ビスクではなく、単なるパプリカ風味のスープ。ビスク表記は優良誤認だ!

画像
▲ロブスタークロー(430円)
ずいぶんと痩せたロブスターを使っているな。

画像
▲シェフズパエリア(1780円)
今時、メニュー写真と大きく異なる内容で出す店があるとは・・

ぜんぜん足りないが、これ以上追加する気も無く、お会計。

※店舗詳細(via 食べログ):レッドロブスター 川口店

餃子酒場@新宿区四谷3-11

訪問:2016/4/20 12:10 (支払総額:375円!)
採点:総合3.5、味3.5、サービス3.0、雰囲気2.5、CP5.5
ランチ半額(今週いっぱい)の看板に釣られたが、意外に良かった。
多少肉汁のある餃子は、台湾の湯包を少しイメージ。化調きつすぎだけど。
画像

※写真以外に、珈琲;ご飯、スープがおかわり自由
※店舗詳細は食べログ未掲載のため省略

Vecchio Conventino@越谷市袋山878-1

訪問:2016/4/14 20:10 (支払総額:3830円)
採点:総合4.0、味4.5、サービス3.5、雰囲気3.0、CP5.0
やっぱり1人だとCP高くなる。日本の宿の宿泊料金(人数比例制)みたいだ。
今回はパン無しでコペルト免除してくれた。常連サービスだけかもしれないが、強制コペルトはやめてほしい。
私の場合はパンを食べると料理注文が減るので、支払額は多くなる可能性大。
画像
▲パテドカンパーニュ 小桃のピクルス添え(380円/ハーフ)
画像
▲桜海老とアーモンド イカ墨のタリオリーニ(600円/ハーフ)
画像
▲貝類とカラスミ、パン粉 オレキエッテ(600円/ハーフ)
画像
▲ズワイガニとピスタチオのソース マルタリアーティ(600円/ハーフ)
画像
▲鳥取産大山鶏のグリル(650円/ハーフ)
画像
▲グアンチャーレとホワイトアスパラ マッケローニ(600円/ハーフ)
画像
▲ジェラート盛り合わせ(400円)

※店舗詳細(via 食べログ):ヴェッキオ コンヴェンティーノ

アトリエシュシュ@新宿区四谷3-1

訪問:2016/4/14 12:00 (支払総額:1000円)
採点:総合1.5、味1.3、サービス1.5、雰囲気2.0、CP1.8
ビストロサンクの居抜きに速攻で出来たフランス料理を標榜する店。
フレンチの技術はまったく無く、手抜き料理ばかりで論外。しかも前店よりも高い。
画像

※写真以外に、不味いパンと珈琲(選択余地なし)
※店舗詳細は食べログ未掲載のため省略

妻家房@四谷本店

訪問:2016/4/6 13:30 (支払総額:1180円)
採点:総合3.3、味3.3、サービス3.5、雰囲気3.0、CP3.5
いつも満席で入れず、時間をずらしての訪問。
質の良い小鉢お代わり無料は、韓国現地と同様のサービス。
画像

画像

※店舗詳細(via 食べログ):妻家房 四谷本店


LUKE'S@表参道店

訪問:2016/4/6 12:10 (支払総額:980円)
採点:総合2.8、味2.8、サービス2.8、雰囲気2.5、CP3.0
ロブスターに興味があり行ってみたけど、米国ボストン周辺では普通に売られているロブスターの水煮を挟んだだけで芸がなかった。
特に温かいパンに冷たいロブスターは、違和感あり。
画像

画像

※店舗詳細(via 食べログ):LUKE’S 表参道店

カレー祭り@井上スパイス(上尾)

訪問:2016/4/2 10:30 (支払総額:900円)
採点:総合1.5、味2.0、サービス1.5、雰囲気1.5、CP1.5
清龍酒造(蓮田)の新酒祭りのノリで行ったら、何にもない。
単なる自社製品の定価販売会で、試食すら出来ない。
飯は不味いし、カレーは冷食温めただけでレベルも低い。
そりゃ、それほど多くもない原料スパイス類を投入し、18000食分をわずか1.5時間煮込むだけで作っているのだから、真っ当なカレーなど出来るわけないや。(工場見学の所に説明書きがあった。唖然とする手抜き製法だ)
画像

画像

オステリア@銀座コリドー店

訪問:2016/3/23 11:30 (支払総額:1080円)
採点:総合3.0、味2.7、サービス3.2、雰囲気3.0、CP3.2
大昔のランチで牡蠣フライを含む充実した総菜バイキングを楽しんだけど、牡蠣の原価が上がりすぎで大幅に内容変更されていた。まあ、仕方ないか。
画像

画像

画像

画像

※店舗詳細(via 食べログ):オストレア 銀座コリドー通り店

fino@中央区上落合1-9-1

訪問:2016/3/16 19:10 (支払総額:6750円/2人)
採点:総合3.8、味3.8、サービス3.7、雰囲気3.0、CP4.2

画像
▲和牛もも肉のカルパッチョ風サラダ仕立て(810円)
画像
▲国産鶏砂肝の柔らかコンフィと茸のソテー(702円)
画像
▲マグロの軽い炙りとアボカドのサラダ仕立て(702円)
画像
▲プラチナポーク腕肉と風味豊かなニンニクの芽のオリーブオイルソテー(702円)
画像
▲厚切り白金豚ロース肉と季節の有機野菜の網焼き粒 マスタードソース(1620円)
画像
▲モッツアレラの入ったズワイガニのアランチーニ 雲丹のクリームソース(864円)
画像

画像
▲プラチナポーク網焼きを乗せたアラビアータ(1350円)

2015/8/27 ディナーLOG
2015/7/30 ランチLOG
※店舗詳細(via 食べログ):fino

Vecchio Conventino@越谷市袋山878-1

訪問:2016/3/13 18:45 (支払総額:12310円/3人)
採点:総合3.5、味4.0、サービス3.5、雰囲気3.0、CP3.5
3人だとCP悪く感じると思う。
メインの価格設定が高い気がして、1皿しか頼めなかった・・
あと、昔みたいに安い料理が大幅に減っている点でも、CPダウンになると思う。

画像
▲アジアーゴヴェッキア&ウンブリアーコ(700円)
画像
▲マテ貝のインペパート(980円/3)
画像
▲パロッテ(400円)
画像
▲ビーゴリ(1300円/2)
画像
▲ゴルゴンゾーラのラビオローネ(600円)
画像
▲ピスタチオのクリームソース マルタリアーティ(1300円/2)
業務連絡:Ristorante La Brughieraで、ピスタチオのソースを食べていました。
画像
▲ポルペッティーネ アグロドルチェソース(1580円/3)
画像
▲アッフォガード(400円)
画像
▲ラズベリーとチョコレートのタルト(400円)
画像
▲カンノーリ+ジェラート(550円)
画像
▲過去登場した手打ちパスタを保存したもの

※写真以外に、強制パン(300円x3)、デザートワイン(700円)
2015/12/16 ディナーLOG
2015/10/22 ランチレビュー
※店舗詳細(via 食べログ):ヴェッキオ コンヴェンティーノ

Maison d'H@上尾市中妻4-2-1

訪問:2016/3/11 19:00 (支払総額:11200円/2人)
採点:総合4.5、味4.5、サービス4.5、雰囲気3.8、CP5.0
今年で開店20周年だそうだ。我が家も初訪問から10周年。
インフルエンザの影響でキャンセルがあり、数十回ぶりの貸し切りだった。
画像

画像
▲ポワロネギのキッシュ(アミューズ)
画像
▲グリーンピースのムースとコンソメジュレ甲殻類のアクセント
オマール・モサエビ・ずわい蟹・雲丹
画像
▲シャルキトリーーの盛り合わせ(自家製加工肉)
猪と鹿の生ハムがあるとの話で、珍しく頼んでみた
画像
▲ブーダンノワール(おまけ)
画像
▲鳥取直送のヒラメ サフラン風味のソースで
画像
▲北海道白糠産蝦夷鹿のロースト
画像

画像

※他に、珈琲

2015/9/13のディナーLOG
2014/3/22のランチレビュー
※店舗詳細(via 食べログ):メゾン ドゥ アッシュ


シェフ・デ・ブッチョ@浦和区高砂1-8-3

訪問:2016/3/9 19:15 (支払総額:6436円/2人)
採点:総合2.8、味2.5、サービス4.0、雰囲気2.7、CP2.5
4年ぶりの訪問。ちょっと美化しすぎていたのかもしれないが、写真比較でもレベルダウンは確認できた。
あとポーション全体的に少なすぎ! パエリア(2722円)は現地の半分未満だし、出汁不足で不味い。
画像

画像

画像

画像

画像

※他に、パン
※店舗詳細(via 食べログ):シェフ・デ・ブッチョ

ファンベック ナオト@日光市瀬川60-1

訪問:2016/3/5 12:00 (支払総額:8100円/3人)
採点:総合3.0、味2.7、サービス3.5、雰囲気3.8、CP2.9
画像

画像

画像

画像

▲ここまでは共通の前菜4皿(皿はブランドもの)
画像

画像

画像

▲メインは3人で別々。ポーション少なすぎ!
画像

画像

画像

▲デザートも3人別々で
※他に、パン・オリーブオイル・珈琲
※店舗詳細(via 食べログ):ファンベック・ナオト

Bistro畑の鍵@浦和区元町2-4-4

訪問:2016/3/2 19:20 (支払総額:7152円/2人)
採点:総合3.2、味3.0、サービス4.0、雰囲気3.0、CP3.0
フレンチとして埼玉版ブログに紹介していたが、フレンチではなかった(ブログインデックスから抹消予定)
海老のアヒージョは意外性が有りまずまず、リゾットは美味しくCPも良いが、後はダメ。

画像
▲お通し(2人分)
画像
▲海老のアヒージョ
画像
▲フランスパン
画像
▲ホウボウのポワレ バジルソース
画像
▲豚肩ロースのステーキ
画像
▲石焼きクリームチーズリゾット
画像
▲鴨のコンフィ

2013年3月のランチレビュー

フレンチバル セゾニエ@北区宮原町3-822-5

訪問:2016/2/23 11:50 (支払総額:1058円)
採点:総合1.5、味1.2、サービス2.0、雰囲気2.2、CP1.2
超ド素人の作る自称フレンチ。店頭に巨大フランス国旗を掲げている。
パスタソースがフレンチのソースだって笑わせるな!
塩使いでも素人であることは一目瞭然。
すぐ近くのレヴェ@宮原町3-291とは大違いだ。
画像

※他に、パン・バター
※店舗詳細(via 食べログ):セゾニエ

えびそば一幻@新千歳空港

訪問:2016/1/31 11:50 (支払総額:2090円/2名)
採点:総合3.5、味3.5、サービス3.0、雰囲気3.0、CP3.5
いつのまにか行列店になっていた。前(ン年前)より旨くなった気がする。
えびそば(太麺・あじわい)だけなら★4つ。
画像

画像

画像

オーベルジュ・ド・リル サッポロ@札幌市中央区南1条西28-3-1

訪問:2016/1/30 12:00 (支払総額:12117円/3名)
採点:総合2.8、味2.8、サービス2.5、雰囲気4.5、CP2.5
シェフが代わったそうで、ル・バエレンタル時代の感動は無かった・・
企業店のシェフが代わると、こうも変わるのかと驚き。
ホールスタッフも数段落ちた印象。バイトみたいだ。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

※他に、珈琲。

※店舗詳細(via 食べログ):オーベルジュ・ド・リル サッポロ

ビストロ・デジャ@札幌市中央区北3条東5-5

訪問:2016/1/29 19:30 (支払総額:9400円/3名)
採点:総合2.9、味3.1、サービス2.9、雰囲気3.0、CP2.9
ランチは過去3回来ているが、ディナーは初めて。
メインがダメなので、ランチだけの店という印象になってしまった。
画像
▲パン(有料:450円/3人)
画像
▲オリーブ(500円)
画像
▲田舎風パテ(950円)
画像
▲エゾ鹿肉と白レバーのパテ(950円)
画像
▲お魚とジャガイモのキッシュ(950円)
画像
▲豚足のクレピネット マスタード風味(1600円)
豚足の脂抜きが全くできておらず、脂身料理になっていた。
楽勝だと言っていた背脂コテコテラーメン好きの子供が残したほどだ。
画像
▲エゾ鹿のメンチカツ(1400円)
肉々しいけど、単にそれだけ。
画像
▲デザート盛り合わせ(950円)
画像
▲グラスソルベ3種(500円)
※他に、カクテル2杯

2008年1月訪問時のレビュー@食べログ

フレンチレストラン・カザマ@札幌市中央区南2西12

訪問:2016/1/29 12:00 (支払総額:9072円/3名)
採点:総合4.5、味4.5、サービス4.0、雰囲気4.5、CP4.5
札幌フレンチで最も訪問回数の多い店。
ランチB(フルコース:2700円)にスープ(324円)を加えて家族3人で利用。
画像
▲サロマ湖産ムール貝のマリニエール、マドラス印カレーの香り
画像
▲シャルキュトリー(自家製お肉のパテ、ハム、鴨肉のスモーク)盛合せ、サラダ添え
画像
▲本日のポタージュ・スープ(追加用324円)
画像
▲本日お勧めの鮮魚料理(真鱈)
画像
▲エゾ鹿テール肉の赤ワイン煮込み、サフラン風味の焼きリゾットとともに
画像
▲リンゴのタルト、木苺のソルベ添え
画像
▲ココナツのブラマンジェ、蜂蜜のアイスクリーム添え
画像
▲クレーム・ブリュレ、アールグレイ・ティーのアイスクリーム添え
画像
▲小菓子
※他に、自家製パン、バター、珈琲

2009年6月訪問時のレビュー@食べログ

ラ・トルテュ@札幌市中央区大通西16-2-4

訪問:2016/1/28 18:45 (支払総額:13420円/2名)
採点:総合3.7、味3.5、サービス4.0、雰囲気4.5、CP4.0
2016年の札幌フレンチ巡り第一弾は、8年前の札幌フレンチ巡り初年度に出かけたこの店。4年前のランチでは期待通りだったが、ディナー(Bコース:6270円)の感動は無くなってしまった・・
画像
▲お通し/2人分
画像
▲アミューズ①
画像
▲アミューズ②
画像
▲パン・バター
画像
▲前菜:牛タンとフォアグラのテリーヌ
画像
▲本日の魚料理
画像
▲仔牛胸腺のロースト
画像
▲グラニテ
画像
▲プラリネのテリーヌ
画像
▲小菓子/2人分
※他に、珈琲・マドレーヌ(珈琲のお供)

2008年1月訪問時のレビュー@食べログ

JAL国内線ファーストクラス@羽田⇒札幌

搭乗:2016/1/28 12:30(JL515便)
採点:総合3.0、味2.8、サービス3.5、雰囲気3.5
上級会員資格取得時にファーストクラスクーポンをいただいたので、恒例の札幌フレンチ食べ歩き旅行で使用。
ちなみに、今回の札幌3泊4日ツアーの代金はは2人で47600円也。
ホテルもミニスイートルームにアップグレードされたのは、JALの上級会員であることが伝わっているから?

画像

それにしても、最後だったとはいえ、札幌到着28分前に配膳されたのには驚いた。
人の睡眠時間を奪って到着2時間半前にたたき起こす国際線のビジネスクラス担当が超怠慢に思えてしまう。

公式案内ページ(メニューも掲載されています)
ビジネスクラス機内食レビュー一覧(国際線のみが対象)

香味@港区新橋3-16-19

訪問:2016/1/27 11:40 (支払総額:750円)
採点:総合2.7、味2.5、サービス3.0、雰囲気2.5、CP3.0
雪の台湾から帰国したばかりだったことから、客先移動中に見つけたこの店に入ってしまった。
大好物の魯肉飯が不味くてがっかり。担仔麺も現地の味とは全く違う。
画像

画像

※店舗詳細(via 食べログ):香味

※参考:台湾で食べた実績一覧

ビストロ・アンジュール@大宮区吉敷町4-248-11

訪問:2016/1/6 11:45 (支払総額:1550円)
採点:総合4.0、味4.5、サービス3.5、雰囲気3.0、CP4.5
昨年はランチ満席で2回振られていたので、久しぶり。

画像
▲スープ・ド・ポワソン(ランチ用)

画像
▲鶏モモ肉のゴボウリゾット詰め焼きマスタードソース

※写真以外に、パン・オリーブオイル・珈琲
2014/10/17,11/11,12/12 ディナーレビュー
2013/12/17 ランチレビュー
※店舗詳細(via 食べログ):ビストロ・アンジュール

東京クリスマスマーケット2015@日比谷公園

訪問:2015/12/24 18:10 (支払総額:600円)
採点:総合2.0、味3.0、サービス1.5、雰囲気3.0、CP1.5
客先に行く途中に見つけ、帰りに寄ってみた。
画像

8年前にオーストリアのウィーンで楽しんだ経験があるが、それにしても飲食店ばかりで現地とは全く違う雰囲気。
現地のクリスマスマーケットは、半分強が物販店だ。
画像

暖房完備の飲食ブースや、ビニールシートの風よけに覆われたテーブル席なんか、現地では無いのだ。
東京より寒い中で、みなさん立ってワインを飲みながらワイワイやっている。
画像

先日横浜に行ったついでに「横浜赤レンガクリスマスマーケット」にも寄ってみたが、あちらは価格設定が極端に高いせいか閑古鳥だっだ。東京クリスマスマーケットの価格設定は、非常にリースナブルというかイベント価格として標準的。
画像

で、例によってムール貝に惹かれたのだが、この写真と実際のギャップがひどすぎる。
いま写真で確認したら、下の方に小さく「写真はイメージです」と書いていたが、許されるものではない。
画像

ちなみに、250gと書いてあったが、手で持った際の感覚的な重量は150g前後だと思う。
フランスで食べたムール貝750gの皿の写真が海外版ブログにあるので、見比べていただきたい。当然、この3分の1サイズだと思って、600円なら安いと思ったわけだ。

IEP JAPANというイベント専門の会社の運営らしいが、こんな会社が実店舗を始めたら最悪だろう。
騙し行為オンパレードになるはずだ。

公式サイト