港の駅めいつ@日南市南郷町中村乙4862-9

訪問:2021/3/18 10:35 (支払総額:1580円)
採点:総合3.0、味3.0、サービス2.5、雰囲気3.0、CP3.0
IMG_1503.JPG
旅の最後の午餐は、青島から30Kmほど戻った日南市目井津港にある漁港食堂。昔は苦労して探したものだが、漁港食堂が増えたものだなぁ。
朝10:30営業開始とのことで5分後に到着したが、すでに窓側席は全部埋まっていた。店を出る頃には待ち行列になっていたが、これは「南郷かつおめしフェア」で500円のかつおめし(特産品が当たる抽選付)がお目当ての人たちがほとんどだった。

IMG_1500.JPG
鰹に関しては、過去宮古島の漁港食堂で食べたもの(☞ 海の母ちゃんたちの市場 なかじゃ@食べログ)と同格の店は数回しか経験がないので、ここはいつもの刺身定食をお願いすることにした。

IMG_1505.JPG
▲特選刺身定食(1580円)
うーん、値段が高い割には貧弱な内容だなぁ。

IMG_1508.JPG
刺身こそ7種類乗っているが、昨日の港あおしまより380円高いのに種類が少ないだけでなく、内容的にも安直な印象。カツオはともかく(全然美味しくなかった)、どこでも食べれるので質の悪さがはっきり分かるマグロは要らないだろう。全部地魚で構成するっていう発想はないのかな?
キャンペーンの内容を見ても、観光客よりも地元客を意識している感じがするけど・・

IMG_1511.JPG
小鉢も微妙。
揚げ物は「めいつかつおフェア」でサービスされるカツオフライだと思うので通常は付かないだろうが、前日揚げた残り物みたいで冷たくて不味い。唯一写真の何だかわからない代物が良かったぐらい。あら汁は鰹だと思うが、汁の量が多いだけで具は少なめ。
それにしても、刺身も含めて一切の説明がないのはいかがなものだろう?

漁港食堂にしては価格設定が高いし、メニューの構成がまぐろとカツオばかりで、他の魚はどうでも良いっていう感じの店だったが(隣の売店で目井津港で水揚げされた魚がたくさん有ったんだけど・・)、その姿勢が露骨に出ているような鮮度だけでなく内容にもこだわりを感じない刺身定食だった。

この後、関之尾滝を経由して鹿児島空港でレンタカーを返し、ANA便欠航で振り替えた初めて乗るソラシドエア便で羽田へ戻って終了。
次は、出発日未定ながらも来週中に全県庁所在地宿泊の一環として甲府に1泊しに行く予定だ。


※店舗詳細:港の駅めいつ
TEL.0987-64-1581
入口GPS: 31.542213, 131.383054